LyraでETHのオプション取引をマイニングをしてみよう

LyraはETHのオプションを取引することのできるサービスです。

ETHの値下がりリスクのヘッジのためのプットオプションや値上がりへのヘッジであるコールオプションを売買することができます。

この記事では、オプション取引についての簡単な説明と、Lyraでオプション取引をする方法を紹介します。

投資助言ではない点、監査を受けているものの、コントラクトバグ・ハッキングリスクがある点にはご留意ください。

オプション取引についておさらい

オプション取引とは、決められた日(満期日)に決められた金額(ストライクプライス)で金融商品を買い付ける、売りつける「権利」を取引すること。

オプションにはプットとコールの2種類があります。わかりやすいように、ETHのプット・コールで考えていきましょう。

  • プットオプション
    • 買う側:ETHの価格が下がった時に、約束した値段で買い取ってもらうことにより、それ以上の損失を防ぐ。プットオプションを買うコスト(プレミアム)を支払う。約束した値段より下がらなければ権利放棄。
    • 売る側:プレミアムを受け取る。ETHの価格が約束した値段より下がっても、約束した値段(=その時の相場よりも高い値段)で買い取らなければいけない。
  • コールオプション
    • 買う側:ETHの価格が上がったときに、約束した値段でETHを売ってもらうことができる。急騰しても約束した値段で買えるからお得になる代わりに、コールオプションを買うコスト(プレミアム)を支払う。約束した値段より上がらなければ権利放棄。
    • 売る側:プレミアムを受け取る。ETHの価格が高くなっても、約束した値段で売らないといけない。

Lyraの特徴

  • EthereumのL2であるOptimismで稼働
  • オプション価格の決定にAMMを利用

※AMM:Automated Market Maker(Uniswapのような取引の仕組み)

LyraはEthereumのLayer2であるOptimismで稼働するオプション取引サービスです。

オプション取引は通常のトークンのトレードと比べて複雑であるため、どうしてもgas代が高くなります。そこでLyraでは、gas代が安くEthereumのセキュリティを継承しているOptimismで稼働しています。

オプションプレミアムは、ボラティリティ(価格変動の幅)の大きさによって決まります。ボラティリティ算出の方法はいくつかありますが、市場でのオプション取引の需給によって決まるものをインプライドボラティリティと呼びます(IV)。

Lyraでは、IVの算出にAMMでの取引状況を利用し、オプションプレミアムに反映します(現時点では未実装で静的なボラティリティを入力しているとのこと。)

オプションの取引方法については、Lyraの採用しているAMM型に対して、オーダーブック型(板取引)があります。OpynDeribitはオーダーブック型を提供していますが、Lyraは取引の柔軟性をとってAMM型を採用したようです。現在はまだAMMプールに十分な流動性がありませんが、各種インセンティブで流動性が生まれてくれば取引は快適になっていきます。

Lyraの使い方

  1. EthereumネットワークからETHを送る(gasの支払いに使用)。
  2. ネットワークをOptimismに切り替える。
  3. やりたいオプション取引に応じて、sETHやsUSDに交換する。
  4. オプション商品を選び、取引する。

Optimismへの送金

LyraはOptimismネットワーク上に構築されたサービスのため、gas代を支払うためのETHを含め、オプション取引を行うための資金を送金します。

EthereumとOptimism間の資金のやり取りには、こちらのゲートウェイ(ブリッジ)を使います。Ethereumからの送金(Deposit)は数分〜数時間で終わりますが、OptimismからEthereumへ戻すとき(Withdraw)には1週間かかります。ご注意ください。

送金したいトークンと数量を入力し、「DEPOSIT」をクリック。トランザクションを実行してください。しばらく待つと、Optimism側に反映されます。

ネットワークの切り替え

Optimismへのネットワーク切り替えは、Lyraから行うことができます。画面右上の「Switch to Optimism」をクリックし、METAMASKのネットワーク変更を承認してください。

取引通貨の準備

Lyraでは、Synthetixという合成資産のプロジェクトが使っているsETH、sUSDを用いてオプションの取引を行います。Callオプションの売りをする場合にはsETH、それ以外の場合にはsUSDを用意しましょう。

取引したいオプションを選択して必要な通貨が足りない場合には、「Swap to sUSD」のように案内が表示され、1inch経由で必要な通貨に交換することができます。

オプションの取引

Lyraの使い方はシンプルです。Put, CallのBuy, Sellのカテゴリを選び、ストライクプライス(権利行使価格)の一覧から、取引したいオプションを選びます。

取引数量を入力し、ピンク色のボタンをクリックしてトランザクションを実行すれば完了です。

ポジションの確認は、上部メニューの「Portfolio」からアクセスできます。Open Positionsが期限前のポジション、Expired Positionsが期限後のポジションですね。

Lyraではオプションの行使は自動的に行われます。そのため、取引した後は期限が来るまで待っているだけでオッケーです。

まとめ

ETHのL2オプション取引サービスであるLyraについてまとめました。

オプションを使えば、価格下落・上昇へのヘッジができたり、オプションプレミアムによる収益など戦略の幅が広がります。これがEthereumのセキュリティを継承したOptimism上でできるようになってきたことが画期的ですね!

実際に使用する場合には、流動性の低さやコントラクトバグなどのリスクにはご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です